日本語 English 中文
みんなが使いやすくて、リーズナブル

ストレスチェックシステムについて

ここでは本システムの開発の経緯や今後の展望などを、
社長へのインタビュー形式でご紹介いたします。

まず、開発の経緯を教えてください

2015年11月からストレスチェック制度が開始されました。
私のクライアントで、制度開始と同時にストレスチェックを実施したところがありまして。

  • 社員の方に実施事務従事者になっていただく
  • 全従業員に紙を配る
  • すべて手打ちでExcelに入力する
  • 上がってきた結果表を僕が一枚一枚確認する

という気が遠くなるような作業でした。
ただでさえ忙しい事務員がてんやわんやになってしまって、これは大変なことになったぞと。

とてもやっていられないと。

そうなんです。
毎年11月30日がストレスチェックの実施期限になるわけですが、その前後だけ、爆発的にマンパワーが必要になってしまう。
年末のただでさえ忙しい時期にマンパワーを取られるなんて、どこだってきついでしょう?

当院で数百人規模の企業様も請け負っているので、もう人力では無理だなと判断し、「自院のために」システムを作り始めたのが開発のきっかけです。

それを一般向けのサービスとして公開しようと思ったのはなぜですか?

ストレスチェックって、産業医の先生方にとってかなりの負担なんですよ。
ストレスチェックの産業医向け研修会の講師が、「自分でやるのは無理なので、クライアントの企業には外部のサービスを利用するよう強く言っている。受け入れられなければ辞める」とか言ってたりするわけです。

それは危機的状況ですね

そうなんですが、産業医の先生からしたら無理もないかなと思います。
一方で、企業さんも大変ですよね。
産業医の先生に辞められてしまっては困る。
一方で、外部のサービスを利用するとなったらお金もかかるし、お願いした外部サービスの先生との相性は分からない。
外部サービスと産業医の先生の連携が十分とれるかも不明。

その点、僕が今作っているシステムなら、産業医の先生方に「これなら自分でもストレスチェックができそうだ」と思ってもらえて、そのあたりの問題はかなり解決できるのではないか、そう思ったんです。

実際にご自分で使ってみてどうでした?

昨年度の面接指導勧奨対象者の選定をしてみたら、ものすごく簡単で自分でも驚きました。
危なさそうな人から順番に高ストレス者の一覧が並んでいて、クリックするだけで終了ですからね。
数百名の企業様でも、難しく考えなければ数十秒~数分で選択できてしまいます。

実際に現場で使っている人が作っていればこその操作感ということでしょうか。

そうですね、いらない機能はすべて省いて、「使いやすさ」「業務の簡便化」を大切にして開発しています。
逆に、使いながら「ここはこうした方がいいな」と思うところはしょっちゅう修正しています。

「修正している」って、先生が自分でコードを書かれているんですか?

そうです。
一部の関数を知り合いのエンジニアの方に書いていただきましたが、95%以上のコードを僕が一人で書いています。
(Node.jsやDB、一般的なライブラリなどは除く)
世の中広いですが、医者が自分一人でサービスを開発しているところはそうそうないんじゃないかと思います。

すごい大変ですよね?

そうですね、休みの前日なんかは、朝5時までコーディングしてたりします。

ちょっと頭おかしくないですか?

否定はしません。(笑)
売り上げが少なくて、人が雇えないから万年デスマですね。
どうやったら「あくどくない商売で」人が雇えるような収益をあげられるのか、誰かに教わりたい気持ちです。

わかりました。先生には「デスマドクター」の称号を差し上げます。

デスマドクター。

強そうでしょ?

どっちかっていうと悪者っぽい語感……。

そんなことないですよ!

ところでこの「ストレスチェックシステム」で目指すところは?

まずは他の産業医の先生方に使っていただいて、楽にストレスチェックをしていただく。
ストレスチェック制度は大変素晴らしい制度だと思いますので、それをしっかり根付かせるお手伝いがしたいと思います。

実際にストレスチェックを実施してみると、従来の産業医活動では拾いきれなかった、追い込まれてしまった人たちにお会いできます。
日本にとって、とても大切な制度だと思っています。

使ってくれる企業が増えて、デスマから抜け出せるといいですね!

ホントにそうなってほしいです…。